34歳元イラン事務所長のブログ

名前は知っているけど実は良く知らないイラン。貴方のためにYUTAWORLDが体当たりで紹介していきます!!

【イラン】ASEANレセプションについて

皆様!

 

YUTAWORLDと申します!

 

貴重なお時間を割いて下さり有難う御座います!

 

1. はじめに

 

このブログは、皆さんが意外とよく知らないイラン・イスラム共和国という馴染みの無い国を体当たりでご紹介していくものです!

 

 また、今まで60カ国ほど旅してきた旅好きですので、僭越ながら世界中の観光スポットや旅で役立ちそうなノウハウなどを写真や動画も駆使しながら紹介させて頂きたいと考えております!

 

更に、一応ビジネスマンではありますので、自己啓発含めた海外ビジネス奮闘記たるものも入れていこうと思っております!

 

2. 今回のテーマ「ASEANレセプションについて」

f:id:inthismoment0320:20190919191147j:image

 

とある人脈(コネクション)から

 

東南アジア諸国連合(ASEAN)の52周年記念パーティーに参加してきました

 

ASEANは東南アジア10か国の経済、社会、政治、安全保障、文化に関する地域協力機構であり

本部所在地はインドネシアの首都ジャカルタにあります

 

他の経済圏に比べるとGDPの水準は低いが人口規模が大きく

 

将来の消費市場としての魅力が大きいと言えます


何よりASEANの魅力は、潜在的な巨大経済圏であることに加え

 

巨大経済圏の内部の連結性を高めようとする各国政府の強い意思があることです

 

実際に会場に入っても、皆本当に仲良さそうにしていました

f:id:inthismoment0320:20190919192334j:image

 

私はこれらは彼らの独自の文化と捉えています

 

個人もそうですが自己主張が各国ともさほど強くなく

 

皆で遠慮しながら徐々に構築していく姿は日本人の我々も共感するところでしょう

 

マレーシアを例に挙げても

 

人種の坩堝と言えるほど多種多様な人種と宗教が入り乱れている中

 

お互いが尊重し合って共存することが出来ていると評されます

f:id:inthismoment0320:20190919192908j:image

 

さて

 

このレセプションになんとイラン外相であるザリーフ外相が急遽参加しました

 

イランの高官や海外各国の外交官しか基本的に立ち入りすることが出来ない本会場でも

 

これはかなり珍しい!ということで一時ガヤガヤとなりました

 

これが日本のメディアでも時々出てくるザリーフ外相です

f:id:inthismoment0320:20190919193128j:image

 

彼は終始笑顔を絶やさず、さすが外交トップと思わせる貫禄があるのですが、

 

イラン人の中では、米国の名門大学を卒業している彼の愛想笑いをどうにかしてくれ、と冗談交じりに貶す人も少なからずいる様です

 

彼は5分程度のスピーチを行いましたが

 

笑顔じゃない場面が唯一あったのは

 

「我々はこの良好な関係構築を遮断する存在は絶対に許さない。」

 

という言葉を発した時でした

f:id:inthismoment0320:20190919193908j:image

 

その眼光鋭い眼は中々迫力がありまして

 

先日起こったサウジアラビアの石油施設へのドローン攻撃に関与したと疑われている重要人物を感じさせるものがありました

f:id:inthismoment0320:20190919194058j:image

 

彼が直接関与していると言うよりイラン国そのもの自体の話ではありますが

 

この緊迫した中東情勢を生み出しているであろう人物が目の前にいると思うと

 

何とも言えない複雑な気持ちになりました

 

それはさておき

 

スピーチ後はASEANの各国大使と握手を交わして満足そうに帰っていきました

f:id:inthismoment0320:20190919194818j:image

 

最後まで読んで下さり有難う御座いました!