34歳イラン事務所長のブログ

名前は知っているけど実は良く知らないイラン。貴方のためにYUTAWORLDが体当たりで紹介していきます!!

【イラン】ラマダンにおける情勢について

皆様!

 

YUTAWORLDと申します!

 

貴重なお時間を割いて下さり有難う御座います!

 

1. はじめに

 

このブログは、皆さんが意外とよく知らないイラン・イスラム共和国という馴染みの無い国を体当たりでご紹介していくものです!

 

 また、今まで50カ国ほど旅してきた旅好きですので、僭越ながら世界中の観光スポットや旅で役立ちそうなノウハウなどを写真や動画も駆使しながら紹介させて頂きたいと考えております!

 

更に、一応ビジネスマンではありますので、自己啓発含めた海外ビジネス奮闘記たるものも入れていこうと思っております!

 

 2. 今回のテーマ「 ラマダンにおける情勢について」

f:id:inthismoment0320:20190518080110j:image

 

前回のブログに続きまして


御承知の通りイラン情勢は非常に緊迫した状況となっております


米国は隣国イラクの米国大使館で勤務している職員について


さほど忙しくない職員だけ急遽退避させることを決めました


イラン側に対して緊張感を与えるパフォーマンスと見受けられましたが

 

斯様な影響が他国に及び始めており


例えば在イラン某国大使館が駐在員・在住者に対し


何時でも退去出来るようにと内々喚起したといった噂も聞いております

 

また

 

先日サウジのタンカー2隻を含む4隻の船舶が攻撃を受けた事件について

 

イランの革命防衛隊が関与していた疑いが「極めて強い」とする報告書を

 

ノルウェーの保険会社がまとめていたようです

f:id:inthismoment0320:20190518082658j:image

 

真実は誰にも分かりませんが

 

米国がイランに反撃を食らわせる口実となるのは紛れも無い事実でありますので

 

米国が今後どう出るのか非常に気になる次第です

 

それでも


前回のブログに記しました通り


仮に紛争が起きても間接的かつ小規模な紛争であると見ており


かつ

 

前回のブログで申し上げていなかった点として


今はラマダンであり

 

米国も流石にイスラム教を尊重するはずなので

 

ラマダン中に紛争が起きる可能性は低く

 

逆に

 

ラマダン後に紛争が起きる可能性が高いというものです

f:id:inthismoment0320:20190518083204j:image

 

そもそもラマダンというのは

 

イスラム暦で9月を意味するものでして

 

この月においてムスリム

 

日の出から日没にかけて一切の飲食を断つことで空腹や自己犠牲を経験し

 

飢えた人や平等への共感を育むことを重視するものです

 

断食中は飲食を断つだけではなく

 

喧嘩や悪口や闘争などの忌避されるべきことや

 

喫煙や性交渉などの欲も断つことにより

 

自身を清めてイスラム教の信仰心を強める機会であります

f:id:inthismoment0320:20190518083058j:image

 

この原則に従えば

 

ラマダン中に紛争を起こさないのが一般的な見解であり


イラン側(正確には保守強硬派)が仮に先制攻撃をしたとしても


それはラマダン明けになるのではと思われます


よって

 

ラマダンが終わる6月4日以降の1-2週間は

 

イラン側が何か起こさないかを注意深く見る必要があります


また

 

イラン側も核合意一部履行停止について60日の猶予を設定しているのは


ラマダン明けの6月上旬〜中旬に世間に対して少し緊張感を与えるような動きを見せつつ


期限が到来する6月下旬に相手の出方を伺うような動きを見せてくるのではないか

 

個人的には思っております

f:id:inthismoment0320:20190518085440j:image

 

とりあえず

 

上で記しましたイラクの米国大使館員の退避ニュースが主な要因なのか


原油WTIも1バレル63ドル台までジワジワと上がりましたことで


米国の動きも当面少し落ち着くのではないかと個人的に勝手ながら感じております

f:id:inthismoment0320:20190518085128p:image

 

ただトランプ大統領の背後には

 

今回のイラン叩きをリードするボルトン国家安全保障問題担当大統領補佐がいます

f:id:inthismoment0320:20190518085858j:image

 

彼の暴走を止められる人間はトランプ大統領以外に居ないと思われますし

 

何を仕出かすかは誰もわかりません

 

トランプ大統領が冷静な判断を下してくれることを祈るばかりです

 

最後まで読んで下さり有難う御座いました!